カウンセリングルーム「心の相談室with」は、名古屋市中区にございます。

性嗜癖障害は、変質者でも変態でも色情魔でもありません。

私は、毎月、平均すると、70~80件ぐらいカウンセリングをしています。
※講演やセミナーや執筆の仕事が多いときは、もう少し数が減ります。

 

そのうちの10数件が、性嗜癖障害者のカウンセリングです。
私もかれこれ、性嗜癖障害だけで、臨床数が500を超えるカウンセラーとなりました。

 

性嗜癖障害は、変質者でも変態でも色情魔でもありません。
少なくとも、私のカウンセリングルームに通ってらっしゃる方は、皆さんそうです。
普通の、良識を持った社会人であることがほとんどです。

 

性嗜癖障害は、性嗜癖障害という心の病にかかった人です。
この表現が、1番ピタッと来ます。
病ですから、治さねばなりません。

 

周囲の説教や、本人の意志や反省などでは治らないのが、
性嗜癖障害という心の病である所以です。

 

性嗜癖障害でもっとも多いのが盗撮です。
これは、のぞきや痴漢や下着泥棒や露出に比べ、圧倒的に多いです。
ハードルが低いし、罪の意識を感じにくいからです。

 

大切なのは、「もうしない」「する気にもなれない」ではなく、
「盗撮したい」という衝動が急に湧いた時に、それを止められるかどうか? です。

盗撮は、いつか必ずバレます。

幾人かの
医師や弁護士の先生が私のカウンセリングルームを紹介しているらしく、
最近は、性嗜癖障害を克服するために、私のカウンセリングルームを訪ねる人が増
えてきました。

 

スマホが普及してからというもの、以前に比べ、
痴漢やのぞきや下着泥棒ではなく、圧倒的に盗撮する障害者が増えました。

 

盗撮は不思議な犯罪です。
誰にもバレさえしなければ、被害者がいない犯罪です。

 

そのせいか、盗撮している人には、罪の意識がほとんどありません。
車の来ない通りで、信号無視しているぐらいの感覚です。

 

捕まって初めて、自分の罪の深さ・大きさに気付きます。
留置場に入れられ、会社をクビになり、奥さんから離婚を言い渡され、引越しを余
儀なくされ、死ぬほど後悔しても、自分のやった行為は消えてはくれません。

 

中には、スマホではなく、小型カメラを購入して、上手にバッグや靴に仕込んで、
「これなら絶対にバレない筈…」とばかりに盗撮し続けてらっしゃる方もいますが、
それでもいつかは絶対にバレます。何故なら、動きや視線が不自然だからです。

 

ちなみに、盗撮している人は、盗撮している人が、ひとめで直ぐにわかるそうです。
そのくらい動きが普通の人と違う…ということです。

 

盗撮は心の病です。
人を傷つけ、自分の人生を台無しにする心の病です。
本人の深い反省や周囲の説教で治るものではありません。
警察に捕まる前に、1日も早く、専門家の許を訪れることをお勧めします。

 

 

戻る