カウンセリングルーム「心の相談室with」は、名古屋市中区にございます。

痴漢や盗撮などの性嗜癖障害者をカウンセリングする時の心得

世の中の多くの人は、痴漢や盗撮などをする人のことを、「根暗で、友だちがいなくて、趣味もなく、女に不自由していて、卑怯な奴だ」という印象を持っているかと思うのですが、そうとは限らないです。

 

もちろん、上記のような人もいますが、明るくて、友だちがたくさんいて、趣味も豊富で、恋人もいて、爽やかで真面目な性格の人も大勢います。w(゚o゚*)w

 

「じゃ、何で? そんな卑劣な犯罪に手を染めるのだ!」という疑問は生じるかと思うのですが、ここで原因探しに躍起になると、迷路にハマります。

 

性嗜癖障害は、原因を特定できなくても治すことは出来ます。
脳科学に注目して、大脳新皮質ではなく、大脳辺縁系や脳幹に働きかければ、悪しき習慣は取り除くことが出来ます。

 

本人の反省や、周囲の説教に頼らない方法。
それが、私が行っている性嗜癖障害根治のカウンセリングです。

 

心に深い傷を追った性被害者の皆さん、
私がカウンセリングの底力で、性犯罪および性加害者を減らしてみせます。

 

 

戻る