カウンセリングルーム「心の相談室with」は、名古屋市中区にございます。

依存と嗜癖に強いカウンセラー

先日、ある人から質問されて、気付いたことがありました。
それは、私(竹内成彦)は、依存や嗜癖に苦しむ人を援助するのが大変に得意な専門家(カウンセラー)だなあ…ということです。

 

「酒や煙草、パチンコや盗撮をやめさせるのは、大変に難しい…」と言われています。「どんな悩みでも1回で治します」と豪語するカウンセラーでも「依存と嗜癖だけは無理だ。」と言います。

 

そんな、治療が困難だと言われている依存や嗜癖ですが、私のカウンセリングルームに通うと、本人も不思議がるほど良くなっていきます。
治癒率は、限りなく100%に近いです。

 

自分でも「何でだろう?」と思います。

 

きっと、
傾聴と助言の バランスが良い のだと思います。
依存や嗜癖は、傾聴だけでは良くなりません。
かと言って、助言だけでも良くなりません。

 

治すためには、しっかり話を聴いて、
言うべきことは、適切なタイミングで、しっかり言うことが大切です。

 

そのあたりの絶妙なバランスが、私は何げにうまいのだと思います。(自画自賛)

 

依存症や嗜癖は、意志と根性、反省や約束で良くなるものではありません。
依存症や嗜癖は、心の病です。
一刻も早く専門家のところへ訪れることをお勧めいたします。<(_ _)>

治す気がない人が訪ねて来ます。

メンタルクリニックには、
治す気がない人、治る気ない人が訪ねて来ます。

 

何で、わざわざそんなことをするのか?
と言いますと、診断書が欲しいからです。

 

会社に診断書を提出し、会社を休みたいからです。
休んで、家でゴロゴロしたいからです。

 

よって、そういう人は、医者の言うことには耳を貸さず、
薬も飲もうともしません。(>_<)

 

 

カウンセリングルームにも、
治す気がない人、治る気がない人が訪ねて来ます。

 

盗撮した、捕まった、
反省の意を示すために、裁判が有利に進むように、
取りあえず、カウンセリングルームにでも行って、
性嗜癖障害を治そうと努力しているよう見せかけよう…という魂胆です。

 

そういうクライアントは、また盗撮しようと考えています。
今度こそ、バレずに上手に盗撮してやろうと考えています。

 

だから、カウンセリングルームに通おうとはしません。
私から、通っている証拠として、領収書を手に入れ、
弁護士や被害者に提出すれば、彼らの目的は完了です。

 

治すつもりがないクライアントを治すことが出来るのか?

 

はい、簡単ではありませんが、通えば治ります。
自分の行為を冷静に客観的に省みることが出来るようになるからです。

 

ただ、強制することは出来ないので、通わせるのは大変に難しいです。
このあたりは、法の力を借りることが出来れば…と願う私です。<(_ _)>

 

 

戻る